・角運動量輸送

 宇宙には原子惑星系円盤と呼ばれる惑星形成のもととなるものが存在します。原子惑星系円盤においては角運動量輸送と呼ばれる機構が働き、系の中心からガスの噴出を通じて角運動量が輸送されていくと考えられています。その際、中心の恒星をまわるちりまたはガスの塊は、中心に向かって沈みこむ、もしくは一定の軌道を角速度を下げながら周回運動をすることになります。上の例ではちりまたはガスの塊が中心に向かって沈み込む様子を再現しました。以下は青い物体が角速度を下げながら周回運動をする様子、赤い物体が角運動量を保存して周回運動する様子を再現しています。